50代を前に人生がイヤで辛いと思っていない?嘆き癖や諦めは敵です。

スポンサーリンク

私なんかと自分の人生から逃げてない?

50代はまだまだ中堅です。


50代に差し掛かり現在の自分の状態が嫌で仕方ないと思っていませんか?歳を重ねると徐々に社会から阻害されているような気がする。何もかもが旨く行かないと考えてネガティブ思考に囚われてしまうと幸運も逃げて行きます。

誰だってさまざまな困難や苦しみは抱えて生きています。辛いのは自分だけではないと思うけど仕事帰りの電車の窓ガラスに映る年老いた風に見える自分の姿もあなたをイヤな気分にしているのかもしれませんね。でも電車の窓ガラスに映っているのは影です。老けても見えますよね。

スポンサーリンク

電車の車内の蛍光灯が頭の真上から照らしている訳です。それが、屋外の街灯を写し込んでいるガラスに映る姿です。老けてもみえます。さまざまなことに言えることです。

ものごとは、正面から見るだけではしっかり理解出来ない複雑なものです。幸せそうに見える他人様でも本当に幸せなのでしょうか?そして、自分が不幸だと思っているその気持は本当に不幸なのでしょうか?

その不幸は本物ですか?

人生が幸せかどうかを測ることは出来ません。基準がそれぞれ違うからです。お金があることが幸せなのか?愛する人が居ることが幸せなのか?わからないですよね。

美人が全員幸せではないのはほとんどの人が理解しています。なのに50代になってしまったと人生がいやになるのはちょっと計算が合わない話です。

例えば、病気に罹りなかなか旨く治らない場合もありますよね。でもそれ自体は不幸ではありません。人生に起こる困難はそのこと自体が人生を豊かにする糧になるからです。

辛いと感じるその感性自体は人生を豊かにする糧なのです。それを不幸と決めつけて人生を諦めてしまうことが不幸につながるのです。

本当の幸せが欲しいなら

あなたが本物の幸せを手に入れ充実した人生が欲しいなら毎日を大切に充実させることが重要です。人生をイヤになっている暇はありません。残された時間をフル活用するくらいの勢いが必要です。

毎日その手と足を使いむしり取り歩き続けるしかありません。何もしないで待っていても何も起こらないし訪れもしません。

必ず神様は見ている

人生は実に巧妙にさまざまな試練が仕組まれています。神様が意地悪しているのか?と思う日もあります。

でも、神様に意地悪される人生はそれだけ価値のある人生だと言えます。神様の目にとまっている人生だと誇れるのではないでしょうか。神様に見られているのです困難が大きければ大きいほど乗り越えた時のご褒美は大きいと思いますよ。

寝ているだけでは奇跡は起きない

毒リンゴを食べた白雪姫が寝ているだけで王子様のKissを受ける。まさにおとぎ話しの世界です。現実にはほとんど?否、まったくあり得ないお話しです。

スポンサーリンク

寝ている間におばあさんになってしまうのが落ちです。これは現実にもあり得る落ちですよ。ダラダラして居眠りしているうちに浦島太郎になってしまうことも容易にあるのです。

前向きな目標を掲げそれに向かって地道に取り組むことでしか運は開けないと私は思います。

誰よりも自由に生きたければそれなりの努力と実力が必要と言うことです。何かに頼っていては、本当の幸せはやって来ません。

人間は困難を乗り越えてこそ達成感を得られるものです。そして苦労の末の結果が一番大切な宝物となるのです。

あなたは宝物を持っていますか

例えば子供を出産して母になり子供を授かる。子供はあなたの人生そのもののようになります。しかし子供には子供の人権があります。

当然モノにはなりえませんので宝物ではありません。唯一人生にとって子供を産み育てる過程が宝であると言えます。さまざまなことを犠牲にして子育てをすることで自分自身が成長も出来ます。宝物とはそう言った自分が行うことで更に自分が向上する相乗効果を持ったものといえます。

でも、もうイヤになり何もしたくないとなると自分の成長も放棄したことになります。私が考える幸せは常に新しい自分が再生されることです。自分の社会的価値やフィジカルやメンタルの部分での成長や改善です。

健康な心を持っていますか

50代に近づくと健康面での問題も増えますよね。治らない病気が増えたりしてガッカリしたり、健康診断で思いもよらない部分に病気が見つかったりします。

友人が病気で亡くなることも増えます。私の友人も数人既に亡くなっています。同年代の友人や知人が亡くなると本当にショックです。そして人生を考えさせられます。

今、生きているだけでも誰かを踏み台にしていると考えたことはありませんか?平均寿命がどんどん伸びていますが、40代で死ぬ人も沢山います。80代の老人が多いからと言って80歳まで生きられる保証はありません。

でも、既に50代まで生かされて来ている訳です。平均寿命の数字だけで考えると既に死んでいてもおかしくはありません。でも、あなたも私も生きているのです。人生の半ば以前にくしくも命を落とした人の分まで生きなければならないのは当たり前のことなのです。

50代になっても新しいことを学びたい

私が嫌いな私は何もしないで毎日楽しいことを探している遊んでいる自分です。理想の私は、毎日ひとつでも学びさまざまなことを吸収できる自分自身です。

考え方を少し変えてみる

考え方をひとつ変えるでけで人の評価も自分自身の人生観も変わるものです。どうせ自分はダメだとか、前に進むことが困難なので諦めると言う人は、人生を捨てているように見えますし、人生がそこでストップしてしまう気がします。前向きに生きる為には、年齢は関係ありません。

あなたの前向きな考え方や努力は必ず誰かが見ています。そして認めて貰える日は必ずやってきます。結果は必ず出ます。

どうか自分を見捨てること無く人生をより豊かで幸せなものとする努力を忘れずに日々をお過ごしください。久しぶりに健忘録を書きました。

最近ちょっと考えさせられることがありました。人生は長いようで短いのです。そして自分を守るのは、自分だけです。いつまでも元気に前向きに頑張りたい。

今回も長文をお読み頂きましてありがとうございます。♡香

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*