トマトを種から栽培・無駄なし10倍お得なバラ蒔き分割栽培法

トマトの苗は買うより種から発芽させる方が楽しく経済的

せっかくの家庭菜園をよりリーズナブルに楽む方法


夏は家庭菜園でトマトを栽培するという方は多いですよね。手順としてはトマトの苗をホームセンターや園芸店などで購入してそのままプランターや畑に定植するのが一般的だと思います。トマトの苗を購入さえすればすぐにトマト栽培が開始できます。でもトマトの苗は結構なお値段がしますよね。

 

スポンサーリンク

 

トマトの苗を購入して栽培する利点としては発芽がうまくできない問題を回避して簡単に苗が手に入ることやさまざまな種類のトマトの苗を買って色々なトマトを収穫できるなどです。

でも一種類か二種類でたくさん育てたい場合や1から10まで自分で栽培を楽しみたいというのであれば断然トマトの種を購入してトマトの栽培をスタートする方がお得ですし楽しいです。

どのような植物でも発芽の瞬間は感動的なものです。家庭菜園ともなれば尚更楽しく感動的でしょう。今回はトマトの種まきから発芽そして生長させたトマトの苗の定植を中心に記事にしていきたいと思います。

園芸の初心者が育てやすのはミニトマトです。ミニトマトとかプチトマトとかさまざまな呼び名がありサラダやお弁当の彩りにはもってこいの一品ですよね。

夏になればひとパック100円程度で購入できますが、家庭菜園で栽培すれば美味しさも食べる喜びもひとしおです。ミニトマト栽培の良いところは場所を取らずにベランダでも簡単に多くの実を収穫でき熟した実から少しずつ料理の彩りに使えるところではないでしょうか。

難点は実が小さいことと若干皮が硬いことでしょう。家庭菜園の中級者ならミニトマトより中玉種のトマトを栽培する方がより一層使い勝手が良いと考えます。中玉トマトの場合大きいものは小さめの鶏卵くらいの大きさになり小さいものはミニトマトと同じくらいになるので料理に使いやすいです。味も濃くてジューシーです。また実も房でたくさん成るので結実の喜びも大きいでしょう。

大玉のトマトも苗の育て方は同じですが大玉特有の病気、尻腐れ病や雨の後に皮が破れるなど収穫までの問題を乗り越えるのが大変です。おすすめは中玉のトマトです。この辺りはご自身のお好みでセレクトしてください。

私は今年は、中玉のレッドオーレというアタリヤさんの種を購入しました。値段も300円と安かったのが決め手でした。人気のあるアイコやフルティカなどのブランドトマトの種は、数粒で500円くらいします。ブランドのトマトでなくても家庭菜園で育てれば完熟まで栽培を続行できるので味わいは素晴らしいはずです。ご予算に合わせて購入してください。

トマトの種まきは春・3月(東京基準)

トマトを発芽させるにはかなりの温度が必要です。基本的に陽当たりが良く暖かい場所であれば10日から2週間で発芽します。積算で言うと100度程度が発芽の目安で、種を蒔いた時期の気温が高ければ早く発芽するのです。

 

スポンサーリンク

 

発芽には温度が必要な条件です。そして発芽後は日照が苗の生長に欠かせない要因となります。できれば、春のお彼岸の前には種まきを終えましょう。

トマトのバラ蒔き分割法とは?

今回は私が毎年やっているバラ蒔き分割栽培法を説明します。発芽した種を無駄なく苗に仕立てることができますよ。通常は一つのポットに2~3個の種を蒔いて発芽した元気な芽だけを残して残りは間引く方法を取りますが勿体無いのでバラ蒔きして発芽した芽を可能な限りポットに移し替え育苗します。種をひとつのポットにバラ蒔いて発芽したら分けるのです。

要は芽が出た苗は全部活かすのです。通常購入した種の発芽率は80~85%と控えめに書いてありますが私の経験では10個蒔くと9個以上は発芽します。

なので種を蒔く時は少し大きめのポットに欲しい苗の一割増くらいの数を蒔きましょう。苗を5本欲しいなら種は6個、10本欲しいなら種は11個で充分です。万が一発芽しなくてもその時点で更に追加して再度種蒔きをしても間に合います。季節は早足で進んでいる時期なので気温は上がる一方です。気温が高ければ発芽も早まります。だったら4月に種を蒔けば?とも思いますが害虫やら寒暖差などマイナス要因を考えれば3月に蒔く方が安全です。

 

スポンサーリンク

 

例えば、ひとつのポットに10個の種を蒔くと9~10個の芽がでます。日本の種は品質が良く発芽率も高いのです。トマトの種は新しい培養土を入れたポットに一粒づつ全部で10粒蒔いて上から培養土で覆います。

土の表面に静かに優しくたっぷりの水を与え発芽を待ちます。発芽するまではしっかり水やりし発芽後も雨の日以外は一日に一回はたっぷりと水をあげましょう。たっぷりとは、ポットのそこから水が滴るくらいです。当然ですが種まきの時点では肥料は必要ありません。培養土の中には元肥入りと書かれているものもありますがあまり気にせず安い培養土で充分です。もちろんお高い培養土でも問題ありません。発芽した小さなトマトの苗から双葉から本葉が出たら分割して植え替えます。

発芽後双葉から本葉が出たら一本立ちのポットへ

トマトの芽が出て双葉の間から本葉が出てくるとトマトらしい葉になります。ここから一気に生長を助けるために苗のポットを一つずつ用意して植え替えることが大切です。双葉→本葉→植え替えのタイミングも大事です。あまり早くてもダメですし、あまり遅くてもヒョロヒョロな苗になってしまいます。ここが通常の栽培方法と違うところです。通常なら発芽して双葉が出揃ったら元気な芽だけを残して抜き取る間引き作業をします。しかし私が行っている方法は種の袋の裏に書かれている栽培方法とは全然違います。

小さい芽を植え替えたら枯れちゃうのではないかと心配になるかもしれませんが発芽して本葉の出た苗は意外と生命力に溢れていて元気いっぱいです。トマトの苗の根を傷つけないように植え替えましょう。アイスの棒やスプーンなど小さめの道具を使うとうまくできますよ。私はもっぱらハサミを使って植え替えています。

慣れてしまえばトマトの小苗は簡単に植え替えができます。植え替えの日はあまり暑くなく陽差しが弱い日にするか夕方など涼しい時間帯に行うと間違えがないと思います。暑い風が吹いていたりすると一気に苗が弱ってしまうので要注意です。

植え替え後はしばらく日陰に置いて水やりを丁寧にしましょう。しばらくすると生長を始めるので見た目ですぐに元気に根付いたことがわかります。小さいうちの植え替えはあまり苗にダメージはないと考えます。ポットに一本立ちさせてじっくりと定植できるサイズまで栽培を続けましょう。

余談ですが、温床を使って早い時期=寒い時期に発芽させられればその分早く栽培が開始でき収穫期も長くなりますが、私の経験では、温床を使って無理に発芽させてもその後に日照が不足すると良い苗は育ちません。

自然を味方に家の特徴や気温の高い場所で栽培すれば安心

これまでの反省点を踏まえて今年は、ベランダで発芽させ苗は屋上で朝日から夕日までを浴びさせて生育を促進させてみました。茎は太くきれいな葉を持ったしっかりとしたトマトの苗ができました。これまで未だ液肥などは与えていません。

屋上がない方はベランダの陽当たりの良い場所に苗を置けば良いと思います。大概のベランダは南向きなのでちょうどよく陽があたると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

また今回ベランダや屋上を利用したのは害虫の食害を防ぐ意味もあります。これまでは家の前の西側のポーチで育苗をしていましたが玄関前にはたくさんの植物があり虫が寄ってきます。ハモグリバエなどの害虫に狙われ葉が傷んでしまうことが問題でした。殺虫剤は使いたくないので思い切ってベランダと屋上で栽培をしました。

ただ、屋上の難点は非常に風が強いこと。苗がまだ小さい時に2本根元で折れてしまいました。一つはなんとかリカバリーできましたが1本はダメになってしまいました。

リカバリー中の苗は一時根元から折れていました。これはダメかと思いましたが可哀想でなんとか助けようと考え少しずつ培養土を増やして茎からの発根を促しました。現在は元気に生長中です。

上の写真が一時は枯れそうになったリカバリー中のトマトの苗です。トマトは茎からも発根しやすい植物で小さい苗の状態でも非常に生命力が強いのです。

生長は一緒に同じ日に蒔いた他の苗と比べると非常に小さく遅れていますが元気に生き返りました。上の写真が同じ日数栽培している苗です。大人と子供状態ですがなんとか助かってよかったと感じています。

ちなみにベランダに置く場合は、エアコンの室外機の前には絶対に置かないようにしましょう。一発でダメになってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

トマトの苗が大きくなるにつれ風の影響を受けやすくなり苗の高さが15センチを超えた頃からは屋上から撤退してベランダ栽培を中心にしています。風のない昼間は屋上に置くなどその日の状況で管理しました。ちょっと手間暇がかかります。

春から夏にかけては夏日だったり急激に気温が下がったりと温度変化や雨が気になりますが発芽前は雨が降ると発芽が促進されたりと利点もあります。

トマトは小苗のうちから脇芽かきを忘れずに

まだ定植前の苗でも生育条件が良いと脇芽が出て来ます。今回蒔いた「レッドオーレ」は花芽が着く前から脇芽が出てきました。

すごく小さい脇芽ですが油断をするとあっという間に大きくなりかねないので脇芽を見つけたらつまみ取りましょう。その際、茎に傷をつけないように細心の注意をしましょうね。トマト栽培は脇芽かきが付き物です。定植前から定植後も必ず行いましょう。

現在、すでに小さな米粒のような花芽が出てきました。定植まであとひと息です。トマトの苗は開花は定植の合図なので花が咲き始めたらプランターや畑に定植しましょう。

トマトの苗の開花は定植の合図

現在10個ほどのトマト「レッドオーレ」の苗を育てています。風に煽られて倒れたリカバリー中の苗も徐々に育っています。また遅れて発芽したものや昨年の残りの種「フルティカ」も発芽したので控えの苗もバッチリです。

定植まで時間がなくなてきましたので畑の準備を同時進行して行きたいと考えています。もちろんプランターでも栽培可能ですので一緒にがんばりましょう。

残ったトマトの種はしっかり口を封して置けば2年くらいは発芽します。余った種はしっかりと口を止めて空き缶などにしまっておきましょう。しっかり保管すれば来年も使えて無駄なしですよ。


小さかったトマトの苗に黄色い花が咲き始めました。トマトの苗に花が咲くということはいよいよ定植の合図が出たということになります。アップで見ると蕾には生毛が沢山生えていて新しい命のパワーが貰えますよね。

前回ご報告した米粒のようなトマトの花芽はその後一週間ほどで開花し始めています。花が開花した苗から順次庭にある畑へ定植を開始しました。苗の入ったポットの底からは元気な根が顔を出しています。もう育苗ポットの中は根っこでいっぱいになっているはずです。

植物の種はタイムマシーンのようで発芽した時は本当に嬉しいものです。私は発芽の瞬間が一番好きです。

これからじっくり育てたトマトの苗たちの生長劇の舞台は庭の畑へと移動します。今年のトマトはどうなるのか?手塩にかけてじっくり育てたトマトの苗は良い結果をもたらしてくれるのか非常に楽しみです。


トマトの苗に花芽が着いて家庭菜園の畑に定植をして約一週間が経過しました。小さな粒状の蕾は黄色い花を咲かせあっという間に小さな実が成り始まりました。季節が徐々に変化する時期で走り梅雨が気になりますが安定感のある生長ぶりです。

畑に植えるとひとまわり大きくしっかりしました。着いた花芽も落ちることなく着実に結実しています。

中玉のトマトの特徴は房なりです。ひとつの房に沢山の実が成ります。最初に咲いた花の先に次々と花が咲いて先に咲いた花は実を成らせています。

丁寧に苗を育てた甲斐があったと感じています。今年はベランダで他の植物から離して害虫の被害を極力抑えました。結果的に定植するまで葉っぱは非常にきれいで虫食いもほとんどありません。

もちろん殺虫剤は使用していませんよ。現在一段目の花が咲き実り、二段目の花芽が着き始めています。

いよいよ東京も梅雨入りしました

梅雨入り前になんとか開花結実を果たしたトマトの苗ですが四段目の蕾が出来たころに東京も梅雨に入りました。トマト栽培でひとつに目安となるのが梅雨の時季です。

乾燥した空気が一気に湿気を帯びてトマトの置かれる環境が大きく変化します。人間でも梅雨に入ると蒸し暑さや湿気が気になりますよね。私は体質的に梅雨が苦手で寝込むこともあります。早く梅雨明けしてほしいです。

トマトも乾燥した環境を好む植物なので梅雨の時季をどう乗り切るかで収穫に違いが出てきますよ。では一番下に成った実の房からご紹介します。結構大きくなって隣同士がキツキツ状態です。ちなみにひと房に9個のトマトが成っています。数えたところ平均して8〜9個の開花及び結実が確認できています。

下の写真が二段目です。一段目より未だ若干小さい感じですが徐々に大きくなっていくでしょう。トマトは一番はじめに開花する段を一段目と言います。一段目の上が二段目となります。

次は、三段目です。未だ花が咲いています。花が終わると小さな実が姿を表します。

四段目はまだ小さい蕾ですが気温が高くなってきているので直に開花するでしょう。この上にも更に花芽が着いていくことと想像できますが梅雨に入った当初の状況をご報告しました。

今回は梅雨前に結構結実できているのである意味合格ラインではありますが今後は温度と湿度の上昇による病害虫への対策が必須となります。対策と言っても栽培者は見守ることが主な作業となります。日々生長が早く脇芽が出やすいので良く観察して脇芽は早めに取り除くようにしましょう。また枯れてしまった葉も思い切ってカットして風通しを良くしましょう。

下の写真が脇芽をわかりやすくしたものです花芽の下に出てくる脇芽です。これを早めに切り取ってトマトの苗を一本立ちにして育てていくとしっかりとしたトマトを収穫することが出来るのです。脇芽が出やすいのは葉っぱと茎の境目と根元などです。

脇芽をチェックする時は苗の根元もしっかり観察して脇芽を見つけたら早めに切り取って栄養の分散を回避しましょう。脇芽を放置するとトマトの苗は暴れ出して巨大化して花は咲いても実が小さかったり成らなかったりと収穫が減ってしまいます。生長が著しい高温多湿な梅雨の季節はトマトの観察は大切な作業と言えるでしょう。

また曇ったり雨が降って現在結実している青いトマトはじっくりと熟して行きます。真夏のトマトより時間をかけて赤くなるため美味しいのです。種まきから梅雨入り時点でトマトの状態を結実までもってくることが出来ればうまく行ったと言えるでしょう。未だ梅雨に入ったばかりなので晴れた日もあるので開花した花がどこまで結実していくか非常に楽しみです。

梅雨の終盤の大雨

この一週間で大雨が2回ありました。青い実をたわわに着けたトマトの苗木の茎は成ったトマトの重さでもはや支柱なしでは自立出来ない状態です。

苗の丈が40センチを超えたあたりから支柱を使ってトマトの苗が風や大雨で倒れないようにすることはトマト栽培の基本です。でもバケツをひっくり返したような大雨の後はトマトの畑のチェックを必ず行いましょう。トマトは葉っぱも大きくて雨の抵抗はかなり強いと考えられます。

我が家のトマトも1回目の大雨で支柱ごと苗が倒れました。大雨の後に風が非常に強く吹いたことも一因です。柔らかく耕した畑に定植しており支柱も同じく柔らかい畑に刺してあるからです。反省点は一本の支柱ではなく3本支柱で支えるべきだったことです

単に私の出不精が招いたことですがコロナ禍で追加の支柱を買うための外出が億劫だったという不始末です。青い実が二つ落ちました。更に茎が折れそうになった苗が一本。大した被害ではありませんが大雨は続いています。

そして2回目の大雨の被害は土壌の水分過剰で起こる裂果という状態です。裂果とはトマトの皮が切れてしまう現象のことで大雨などで一気に苗の中の水分が増えて実が水分過剰を起こして皮が裂けることです。収穫が近くなると起こることが多いです。

ミニトマトではあまりない「裂果」ですが中玉や大玉のトマトを屋外で露地栽培していれば起こりうることです。ビニールハウスや雨よけなどで防ぐことが可能ですが家庭菜園なので致し方ないと考えています。

赤いトマトが裂果してしまった場合は直ぐに収穫して食べてしまうか冷凍してお料理に使うなどで対応しています。青い実の皮が裂けてしまった場合はしばらくそのまま様子を見ましょう。せっかく実ったトマトなので廃棄は避けたいですよね。

曇天の梅雨空でも赤くなり始めたトマト

曇ると陽射しが出る日もあり梅雨の最中もしっかりと生長を続けているトマトです。一段目に実ったトマトの実は徐々に赤くなり始めました。黄色い花が咲いて小さな実が着いて緑色だった実が赤くなる。栽培の過程では当然のことですが種から育てたトマトが色づくととても嬉しいものです。

この時期も脇芽が出現したら必ず切り取りましょう。特に雨の多い時期は脇芽の生長も非常に早いものです。沢山の実と花に効率よく栄養を与えるためには脇芽を生長させてはダメなのです。

また、茎の下の方の葉っぱが枯れてきたら切り取りましょう。実に覆い被さる葉も切って実に日光がよく当たるようにしてあげましょう。実が赤くなり始めたら要らない下の方の葉を切り取って風通しも良くしましょう。

温度も湿度も高くなり病気や害虫も出始める季節です。昨日もトマトに集るニジュウヤホシテントウを二匹捕殺しました。ニジュウヤホシテントウはナス科の植物の葉を食害する害虫です。一見テントウムシ?って感じですが肉食のテントウムシに対してニジュウヤホシテントウは草食で植物の敵です。よく観察して害虫駆除をしましょう。

トマト・収穫しながらの作業

梅雨も終わりを迎えトマトの状態は徐々に実は赤くなり始めて収穫の時期を迎えています。苗の高さも結構高くなって1.8メートルくらいに大きくなっている苗もあります。一段目のトマトの実は既に収穫期を迎えて赤く熟れ始めています。一段目の実を1〜2個収穫したあたりからは、支柱に固定した茎を少しずつ折り曲げてカーブさせていきましょう。

写真のように下の方から少しずつトマトの苗の高さを下げて上の方に咲いた花に養分が行くように仕向ける作業です。茎を曲げていく作業はトマトの苗の内部に水分が少ない時間帯に行います。

晴れた日の夕方15時以降だとトマトの苗の内部の水分は減少しているのでトマトの様子を見て行いましょう。朝や雨の日の直後などではトマトの苗の内部に水分が蓄えられているので作業はやめておいた方が無難です。

内部水分が多いとトマトの苗の茎自体が固く下手をするとボキッと折れてしまいます。背が高く生長したトマトをわざわざ茎を折り曲げて背を低くするのには理由があって引力の影響を考慮して養分をトマトの苗の上の方まで送り届けることでしっかり上部の花も結実させる目的があります。

また収穫期を迎えたら下の方の枯れた葉っぱや実ったトマトに覆い被さる葉を切り取って実に陽が当たるようにしましょう。暑さがましてくると畑も蒸れるので枯れた葉は早めに切り取り病気や害虫に注意しましょう。

7月も終盤に差し掛かり雨はほとんど降っていません。トマトは真っ赤に熟しています。毎日暑いですが畑でのトマト栽培なので水はあげていません。しっかりと赤くなった実から収穫を開始しています。そろそろ台風が関東にも近づきつつあります。早めに収穫してしまった方が良さそうな熟れ加減です。毎日新鮮なトマトを食べて元気に夏を乗り切りましょう。

8月のはじめにいよいよ東京にも台風が近づき

台風の発生のニュースを聞き未だ青い実や若干熟しきれていないトマトもありましたが赤くなった実を全て収穫しました。台風のもたらす大雨や強風でトマトの栽培自体が出来なくなる可能性や雨により熟した実が裂けてしまう前に収穫したのです。

下に写真を載せましたが実際数を数えてはいませんが写真の約4倍くらいは収穫できました。大成功でした!一人では食べきれないほどのトマトを収穫することが出来ましたよ。

収穫の際、既にトマトの皮が裂けていたものもありますが、大きなものも小さな実も全て食べられるように分別しました。

皮が裂けたものは早めに湯むきしてトマトソースを作り冷凍しました。トマトソースの作り方は簡単で湯むきしたトマトのヘタなどを取り除き刻み鍋で煮詰めるだけです。更に煮詰めながら潰します。

ブレンダーやミキサーがあれば楽に出来ると思いますよ。トマトの缶詰くらいに煮詰めたら出来上がりです。しっかり加熱して冷ましたらジップロックに入れて冷凍庫へ。カレーやミートソース、パスタなど幅広く使うことが出来ます。味も濃くて美味しいです。

また小さい実はヘタを取って洗い水気を取ってからジップロックに入れて冷凍します。皮が着いたまま凍らせると皮は裂けてしまいますが、使う時に使う分だけ解凍してお料理に使えます。

私はトマトを丸ごと使ったスープが好きです。鍋に湯を沸かし冷凍トマトを入れて皮を湯剥きします。玉ネギやニンニク、ニンジンなどと煮込むスープです。コンソメを使えば簡単に美味しいスープになります。

今年はお盆から大雨が降って既にトマト栽培は終了の兆しです。気温が下がったり上がったりして何よりも雨の量が半端ではありません。年々雨量が増えています。トマト栽培は梅雨前に結実させ台風の前に収穫するために早めに開始するのが豊作への一番のポイントだと感じました。


ここ数年の豪雨災害やゲリラ豪雨など一気に大量の雨は家庭菜園でも影響は大きいので強い雨の後もしっかりと目配りをしましょう。ただし、大雨が降っている時は屋外には出ないようにしましょうね。足元も悪いし雷なども心配です。悪天候のときは作業はお休みしましょう。

これからも種から育てるトマトの生長をお楽しみに。

今回も長文をお読みいたさきましてありがとうございます。香♡


 

スポンサーリンク

 

この記事の関連記事をあわせてお読みください

キュウリを種から栽培・ワンシーズン3期作で無駄なし大収穫

トマト連作障害と7月の異常気象に勝つ!土壌改良法と畑づくり

不織布マスクを洗い消費量を抑える2ステップ安全簡単洗濯術

花壇と家庭菜園・野良ネコ糞尿被害は確実な2つの対策で解決

キュウリ露地栽培は3月に種まき、苗は温床栽培で6月に初収穫。

簡単・連作障害回避3ステップ経費ゼロのアカツメクサ緑肥法

畑の土3ステップでリフレッシュ!連作障害回避の落葉堆肥作り

パプリカを食べた種から栽培・3つのポイントを抑え簡単収穫

夏野菜・連作障害を避け収穫量を増やす。10月の庭土と培養土の再生法。

実録ニンニク栽培・10月に植付ける手間なし家庭菜園でニンニク!

春ジャガイモ栽培の害虫・カンタン3のポイントで完璧退治。

 

★コメントをお書きいただく前に★

いつもサンカウントをお読みいただきましてありがとうございます。

コメントをお寄せいただく場合は必ず本名ではなくハンドルネームなどをお使いください。

本名を書いてしまわれますとインターネットの検索に名前が出てしまいます。

こちらからは判断がつきにくく修正が出来ない場合がございます。

コメントを書く前に各自ご確認をお願いいたします。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください