Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夏野菜のプランター栽培が終了後の6つの作業で培養土の再生方法

秋、プランター栽培が終了。

収獲は旨く行ったでしょうか?


プランターでの家庭菜園が終了したあとの使用した古い培養土はどのように処理していますでしょうか?潔く古い培養土は捨てちゃいますか?最近では、一般のゴミとして収集してもらえる地域もあります。

もしくは庭の片隅に埋めるて無かったことにしちゃいますか?家に庭があれば良いですがマンションなどの場合捨て場に困りますよね。

スポンサーリンク

でも家庭菜園のプランターで一回使った培養土を廃棄するのは、非常に勿体無い話です。何より不経済ですよね。

病気や害虫など通常問題なく収穫出来ていれば使用済みの培養土も栄養素こそ減少していますが問題なくリサイクル出来ます。今回は、使用済みの培養土のリサイクルについてご紹介します。

ところで家庭菜園で新鮮で美味しい夏野菜を堪能できましたか?収獲を終え暦が秋になるころになると徐々に栽培して来た植物の勢いが無くなります。

植物自体の抵抗力もなくなり害虫被害も受けやすくなります。暦の上の秋とは二十四節気の「立秋」のことです。カレンダーでは8月の上旬となります。まだまだ暑い時期ですが家庭菜園の夏野菜のシーズンもここで一区切りとなります。

トマトは、まだ花が咲いているかもしれませんが実が熟す頃には寒くなってしまいます。また、7月には居なかった害虫も見かけるようになります。葉が害虫に喰われたり黄色く変色した葉が目立つようになります。

planter-cultivation-playback-culture-soil04

苗自体が徐々にい元気がなくなりだしたらお名残惜しいですが、プランター撤収します。使った培養土は、燃えるゴミに出す?それとも再生して来年また野菜をつくる?選択肢はふたつです。

ひと夏野菜を育んだ土は、かなり痩せています。何を植えてもダメそうな気がしますが、でも捨てるのは惜しいです。旨く再利用出来るようにリサイクルしてまた次のシーズンにも使えたら良いですよね。

スポンサーリンク

そう思われる方は培養土の再生を行いましょう。ベランダや庭の片隅に置き場所があれば来年まで寝かせて来年の栽培に再利用が出来ます。また晩秋までおやすみして違う野菜を作ることも可能です。

使った培養土を再び使う方法

プランター1個分で培養土25リットルの想定です。使ったプランターから栽培した野菜の枯れた茎を取り除きます。

畳一畳分ほどのレジャーシートを用意しましょう。もしくは、100円ショップで売っているビニール製のテーブルクロスや雑草除けのシート、園芸シートなどを用意します。そのシートの上に使用済み培養土を広げます。

planter-cultivation-playback-culture-soil03

作業は、あまり風の強い日雨の日は避けましょう。出来るだけお天気が良く乾燥した日が良いでしょう。場所は陽当たりの良いコンクリートの上が最適です。

日向は暑いので出来るだけ朝早く涼しいうちに作業を開始します。培養土をよくほぐして中のゴミ取り除きます。一回栽培をしたプランターの中にはゴミなど思ってもいないものが入り込んでいることがあります。良く見て培養土の大掃除をしましょうね。

万が一、土中のムシが巣くっていたら

終了したプランターの培養土の中に棲みついている可能性が高いのはコガネムシ幼虫などです。

夏の間栽培に使った培養土は、コガネムシの格好の産卵場所です。万が一、コガネムシの幼虫がいた場合は必ず捕殺します。

どのような害虫でも必ず捕まえて殺してください。殺虫剤は使わないようにしましょう。健康にも環境にも良くありません。せっかくの家庭菜園なので殺虫剤は極力使わないと言うことです。

コガネムシの幼虫は、ちょっと気持ちが悪いですよね。でも見逃す訳にはいきません。スコップか要らない割り箸で除去します。

そのまま殺して土に混ぜても大丈夫です。殺してしまえば何れ土に還ります。自然の摂理です。

しかし、害虫でも殺すのが怖い見るのもイヤであれば、取り除いてビニール袋に入れて燃えるゴミとして捨てます。これもちょっと気持ち悪いですよね。

でも虫も喰わないような野菜を食べるより虫が喰うと言うことは安全な野菜と言えますよね。

幼虫をビニール袋へ入れる。これだけでも充分イヤですね。ビニールの口はしっかり締めます。虫も酸素がなければ生きていられません。酸欠にしてゴミの日を待ちます。

シートに広げた古い培養土のゴミも虫も取れましたら準備が出来ました。培養土の再生作業に移ります。

古い培養土を復活させる

培養土のリサイクル用の復活剤などが売られています。これらを購入するも良いです。でも、なかなか良いお値段です。さらに、お金を掛けるくらいなら捨てた方が面倒臭くないですよね。

ここで、経済的に来年使用したいとお考えなら、苦土石灰牡蠣殻石灰消石灰などのどれかを購入し、注意書きに従って古い培養土に混ぜます。基本的には牡蠣殻石灰苦土石灰をおすすめします。ホームセンターなどでは苦土石灰が手に入りやすいと思います。

100円ショップでも購入可能な商品です。しかし、若干割高でなので置き場所があればホームセンターで大き目の袋入りを買いましょう。園芸を続ける限り使う資材です。

スポンサーリンク

天然素材牡蠣殻石灰は、少し高価ですが天然素材ですので安心して使えます。また苦土石灰も非常に扱いやすいのが特徴です。

石灰を使う理由は、日本には酸性雨が降るため土壌酸性に傾くのを修正しpHを整えるのが目的です。ほとんどの植物は酸性の土を好みません。

古い培養土は、雨に当たって酸性に傾いています。それを中和して生育環境を整えるためにも石灰を使います。

買うのが惜しい方は、おせんべいや海苔に入っている消石灰と書かれた吸湿剤を使っても良いです。

planter-cultivation-playback-culture-soil06

5センチ角くらいのもの2〜3個で大丈夫です。パウダー状の白い粉です。パウダー状なので吸い込まないように取り扱いに注意します。沢山は入れないくても大丈夫です。

水分を吸ってかなり膨らんでいるものもあります。乾燥していてまだ、さらさらのものもあります。消石灰と反応して発熱します。吸い込んだりしないようにマスクなどを着用して作業をしましょう。

消石灰は、水分を含むと発熱します。手や皮膚につかないようにしましょう。やけどの原因になります。

石灰もいろいろな種類があります。牡蠣殻石灰や苦土石灰などは扱いが簡単なのでおすすめです。新しく買うなら消石灰は出来るだけ避けた方が無難です。

培養土に石灰を混ぜたら風のない日にベランダの陽当たりの良い場所で天日干しをしましょう。

太陽熱・紫外線で使った培養土を消毒

培養土を平に広げて表面が乾いたらかき混ぜます。可能でしたら2〜3日の時間をかけて日光消毒をしましょう。

どうしても広げておけない場合は、大き目の黒いビニール袋二重にし、石灰を混ぜた培養土を入れて日向に置きます。

太陽の熱殺菌されます。黒い袋の場合は、少し水を混ぜて熱を出させ殺菌します。広げて乾いた培養土は買った時の袋が残っていればその袋に戻します。

買った時の袋が残っていなければ、黒いビニール袋を二重にして入れます。ゴミ用の黒いビニールの袋は、エコのためにかなり薄いので培養土を入れると切れる可能性が高いので扱いに気を付けましょう。

スポンサーリンク

培養土を入れた袋の口をしっかり締めが入らない様にしましょう。ベランダで保存する場合ゴキブリなどの害虫にとっては、暖かく冬を越す快適な温床になってしまいます。そうならないようにしっかり口を締めましょう。奴らは何処からでも来ます。

消毒した培養土は、このまま1.5ヵ月から3ヵ月弱寝かせます。使ったプランターは、しっかり水洗いしておきます。裏側や、隅もしっかりお掃除してください。虫の卵カビなどが付着している可能性があります。

肌寒くなった頃に腐葉土完熟の堆肥を少し足すか新しい培養土を半分足して、次はマメ科の植物を植えましょう。ソラマメや、グリンピース、インゲンなどです。シロツメグサ(クローバー)などの植物でも大丈夫です。

マメ科の植物で土を元気にする

マメ科の植物には、根粒菌という、空気中窒素を吸い込み、土に窒素を増やす物質があります。マメの植物で土を肥やし次に植える植物の栄養にします。

しかし、何も植えたくない。来年の夏までこのままという方は、土を一旦、広げて天日にさらし虫などがいないかチェックします。

その後、苦土石灰などと油かす(菜種油などを絞ったカス・肥料)を混ぜ再びビニール袋に入れます。

腐葉土かつるつるしていない広葉樹の枯れ葉などがあれば一緒に混ぜておくと良いでしょう。

planter-cultivation-playback-culture-soil02

このとき、水分がまったくない状態であれば、を少し混ぜてしっとりさせます。

苦土石灰が培養土を温め油かすが徐々に熟成栄養になります。枯れ葉も油かすの発酵にともない分解されます。

スポンサーリンク

油かすは、コバエなど虫が寄るので出来るだけ普段は口を締めて、半月に一度くらいかき混ぜます。

夏になるまで土はお休みです

planter-cultivation-playback-culture-soil05

夏に再び使用する場合は、連作障害を防ぐために昨年植えた植物と違う種類のものを栽培しましょう。

特にナス科の植物連作障害が起きますので避けましょう。トマト、ナス、トウガラシやピーマン、パプリカなどです。

おすすめは、ツルアリインゲン、オクラ、キュウリなどの違う仲間の野菜です。

培養土を長く使いコストパフォーマンスの良い家庭菜園を楽しみましょう。植物自体が持っている力を利用して賢く節約したいですね。旨く使うことで家庭菜園ならではのお手軽でお財布に優しい園芸が楽しめます。

はじめに購入する培養土は、高価なものでなくても良いと思います。ご自分の予算にあった培養土を購入して大切に長く楽しみましょう。また、野菜を栽培した次の年にクローバーの種を蒔くのも良いと思います。

クローバーはマメ科の植物なので先に書いたように土に栄養を蓄える力があります。野菜の次にクローバーを植えてその冬はクローバーの鋤き込み、そのまま石灰と油かすで緑肥にするのも良いと思います。次の年には培養土が栄養豊富になります。

このような方法で長く使った培養土の水はけが悪くなった場合は、赤玉土を混ぜる。また、逆に水もちが悪くなった場合はピートモスを混ぜるなど培養土の状態をみて園芸資材を混ぜるとますます良い培養土に生まれ変わります。ぜひ、お試しください。

皆様の楽しい園芸を応援いたします。

長文をお読みいただきまして、ありがとうございます。 ♡香


スポンサーリンク

kaori の「秘密の花園」6月キュウリ栽培①

この「秘密の花園」を見る事が出来るのは、このページに来てくださった貴方と私と、野良ネコだけ。


家々に囲まれた、細長い庭は、私だけの秘密の花園。

東京の片隅で kaori が書く 耕す生活・家庭菜園日記。

6月 キュウリ栽培 ① から記事を始めます。


私、kaori が、10年掛けて作った10坪の庭。

さまざまな植物を育ててきました。

植物を育てる上で一番大事なものそれは土です。

土づくりから着手して畑が出来上がってきました。

しかし、まだ、始まったばかりと自分中では、考えています。

庭の半分以上は、野菜やフルーツ。残りは、お花。

お花よりも食べられるものに方が多いかもしれません。

未だに土は作り続けています。

その為の腐葉土を作る場所。残渣を埋める場所などいろいろなモノが散らかっています。

ガーデニング?になるまでに未だ手が掛かりそう。ライフワークとして、耕す生活を続けていけたらと思います。

徐々におしゃれな庭に作り上げて行きたいと考えています。

園芸の好きな方との情報交換が出来たら幸いです。

また、さまざまな工夫を参考にしてくだされば嬉しいです。

どうぞ、ご期待ください。

 

 


6月キュウリ栽培①へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください