やる気がない。つらい。うつ病に有効ブロッコリー・スーパースプラウト

スポンサーリンク

私が、うつ病になったワケと向き合い方。

うつ病には、ブロッコリー・スーパースプラウトが効く。


偏った食生活や、過剰なストレスが病気の元になることは、今更って感じですよね。新しい野菜が増える中、随分前から売られているブロッコリー・スーパースプラウトが、再び注目されています。

ブロッコリー・スーパースプラウトは、ブロッコリーの種を発芽させた野菜です。小さなもやしのような感じです。カイワレ大根を小さくしたような見た目なのです。

このブロッコリー・スーパースプラウトは、数年前、胃潰瘍に良いと言われていました。再び脚光を浴びたのは、うつ病に効果があると研究発表されたことが、きっかけとなりました。

depression-effective-broccoli-super-sprout12

このブロッコリー・スーパースプラウトには、優れた抗酸化作用と解毒作用のあるスルフォラファンと言う物質が、含まれていることが判明しました。がん予防肝機能が向上すると研究結果が報告されています。

depression-effective-broccoli-super-sprout11

優れた抗酸化作用や解毒作用は、がんに対して有効ですよね。これまでも、幾つかの果物食品抗酸化作用を書いて来ました。手軽に安く、多くの抗酸化作用のある食材がまた増えました。

ブロッコリー・スーパースプラウトなら簡単に食事に取り入れられますよね。そして、このスルフォラファンは、うつ病にも効果があると発表したのは、千葉大学社会精神保健教育センターの橋本謙二教授の実験成果からです。

以前、ブロッコリー・スーパースプラウトは、胃潰瘍有効と言われていました。うつ病に有効であれば、ストレスに関係する病気に良さそうですよね。

スポンサーリンク

ただ、ブロッコリースプラウトブロッコリー・スーパースプラウトは、違うものなので買う時には、よく確認してください。ブロッコリー・スーパースプラウトです。

ストレスで、胃潰瘍や、うつ病に罹患しやすい体質に良いことに繋がります。意外とストレス関連の病気に続けて罹る体質があることは、知られた事実です。几帳面で神経質な人に多いのです。

マウスによる実験で証明された

大きいマウスに、小さいマウスを虐めさせる実験から実証されたか過酷な検査小さいマウスが心配です。

depression-effective-broccoli-super-sprout03

小さいマウスに注射でスルフォラファンを投与たものと、していないものを比較してストレスへの感受性を調べた結果だそうです。ちょっと意地悪です。でも人間の健康の為?ごめんなさい。

また、人間の思春期にあたる若いマウスにスルフォラファンの前段階の物質グルコラファニンをエサに混ぜて与えるとストレス耐性が強くなるようです。

ストレスを与えても健康なままなのです。凄いですが、人間にはどうなのでしょう。人間にも効果が確実なら凄い発見ですよね。

人間にも有効な 3 つの特長がある

① うつ病に効果的な成分が含有されている。

② 胃潰瘍などストレス病に効果が期待出来る。

③ 毎日の食事で、有効成分が取れる。

このブロッコリースーパー・スプラウトなら、八百屋さんで買えます。サラダに入れたいですね。

depression-effective-broccoli-super-sprout01

サプリメントやお薬ではない。ここが良いところです。毎日の食事に簡単に取り入れて病気の予防になります。特にうつ病に罹りやすい人はストレス耐性が弱い特長を持っています。

なので、うつ病だけでなく胃潰瘍や突発性難聴などを防ぐ意味でも食事に取り入れたい食品のひとつです。

よく「うつ病は心の風邪」と言われます。でも、社会の偏見も未だにあります。何よりもまわりの家族の支えが大切です。焦らせない、頑張らないが、一番のお薬なのです。理解されない部分が、病気を重くします。慎重に対処することが必要です。

depression-effective-broccoli-super-sprout04

私も、うつ病状態になったことがある

父親が、大腸がんで亡くなった半年後、28歳くらいの時です。気持ちが沈んだり死にたいとか。精神的な落ち込みはありませんでした。ただ、ひたすらめまいがしていました。

子供の頃から神経質な性格で、体が小さく痩せていました。細かいものを見ると気持ちが悪くて食べられなかったりスイカの種とかが苦手でスイカ割り大会でも種がない端っこを貰っていました。

今、考えると子供の頃から些細なことで心にトゲが刺さってしまう性格です。細かなことが気になり振り払えないのです。

depression-effective-broccoli-super-sprout08

所謂、神経質な子供

体も小さく痩せていました。バスに乗ると酔ってしまう。食が細くて、すぐにお腹を壊すことが度々ありました。小学校に入っても幼稚園の子より小さいく非常にストレスでした。

でも、何とか両親や姉に囲まれ元気に成人しました。しかし、姉が嫁いで、一年と少しで父が大腸がんになり入院してしまうと生活は一変しました。

スポンサーリンク

父は、末期の大腸がんでした。治療も手術もできません。ただただ、やせ衰える姿を見るのは本当に辛かったです。

入院して、一ヶ月くらいで、先生からあと三ヶ月ですよって言われました。凄くショックでした。

depression-effective-broccoli-super-sprout06

「家族が死ぬ」たった四人の家族でも、誰かが欠けると言うことをほとんど考えて生きていなかったのです。

能天気ですが自分の家族だけはずっとこのままだと信じていました。

さっきの大きいマウスと小さいマウス状態

私は、小さいマウスでエサにお薬が入っていない状態です。大きなイジメマウスのストレスに曝されました。父が入院してから約半年のあいだ、母は看病のため毎日朝から病院に通っていました。

私も、仕事のない日や仕事のあとの夜は、病院に通いました。治療と言うより今で言うホスピスの状態でした。死ぬのを待つ50代の父は、とても無念そうで見ていられない状態でした。

告知は敢えてしませんでした。その判断が正しかったのか?と今でも思います。現在とは、少し考え方が違いますが家族の中で一番甘えん坊なのが、父だったと思うのです。あと、三ヶ月で死にますよ。なんて言えません。言ったらどうにかなってしまいます。

でも、父の母親、祖母も同じ腸のがんで死んでいるので、徐々に本人にも、わかっていたと思います。

毎日が見るに耐えない状況

depression-effective-broccoli-super-sprout07

それって、究極のストレスです。前に進めないで死を待つのみです。苦しむ姿とモロヒネ中毒でおかしなことを言い始めるのです。脳にも転移しました。動けず左半身が麻痺しました。床ずれができて、最期をつげているように見えました。

生きた屍になって行くのです。そんな姿を見てまな板の上で切り刻まれて行く感覚がしました。代わってあげられないもどかしさに苛まれるのです。

そして予定通り三ヶ月でこの世を去る

怖いくらい正確な医師の宣告でした。通夜、葬式などお金の管理やお香典返しの選定などを休む間もなくこなしました。仕事の合間を見て、デパートに発注に行くこともしました。

今のような便利な状況ではなくデパートの進物コーナーに座って、宅配の送り状を書かされました。100通分くらいあったと思います。母は、眼が悪く細かい文字が書けないし見えない。書類は、私が全部手で書くのです。今ではあり得ないですよね。

depression-effective-broccoli-super-sprout05

毎日、頭が痛い。徐々に私がおかしくなりはじめました。この記事を書きながら、凄くハードな日々を思い出し反芻してしまいました。よく出来たと思います。若かったと思います。

結局、葬式から半年でめまいで倒れる

精神的なストレスによるうつ病です。神経症とも言われました。でも、気持ちは全く前向きでした。うつうつした感じはなくて体が怠いのです。そして、気持ちが悪くめまいが酷いのです。所謂、心身症です。

ストレスが、体に出やすい体質だと先生に言われました。子供なら10円ハゲが出来る?らしいです。

心療内科のお薬で直ぐに辛い症状は取れました。でも、長い通院生活でした。薬で不眠や眠気が出て無気力になりました。もう、25年くらい経っています。でも治った訳ではないと今でも思います。

depression-effective-broccoli-super-sprout10

50歳を過ぎた今も、病院から離れられない

治らない病気が、どんどん重なる。しかし医学も進歩しています。そう、考えるとそんなに深刻に考えなくても良いと思えます。私は意外と図太いのかもしれません。というか図太くしないと生きていけません。

辛いこともあります。でも、乗り越えられない試練はないと思います。命があれば、新しいしあわせが来ます。例えばうつ病だとします。死にたいって思うかも知れない。

でも、死んでも何も変化しない。死んでも辛いままです生きていないとやり直すことも出来ません。辛い時は、誰でも良い誰かに相談しましょう。心療内科に行くのが一番良いと思います。

うつ病にブロッコリースーパー・スプラウトを

depression-effective-broccoli-super-sprout02

私も、ブロッコリースーパース・プラウトを食べて元気に過ごしたいです。うつ病は高齢者の場合は認知症に進むケースが多いとのことです。ますますブロッコリースーパース・プラウトが気になりますよね。

毎日の食事で、病気の予防を心がけたいです。日々ストレスのない生活が大切で健康の源です。自分が好むと好まざるとに関わらず起こりうる不幸もそれを乗越えて誰しもが生きていると思います。同じ思いを共有出来ることは素敵なことです。

この記事を通じて、皆様の健康と楽しい毎日をお祈りいたします。

長文を読んで頂きましてありがとうございます。 ♡香


突発性難聴・めまい・耳鳴りの記事は、こちらへ


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*