Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

畑・野菜栽培

実生キュウリ露地栽培は3月に種まき、苗は温床栽培で6月に初収穫。

2017年・家庭菜園のキュウリ栽培。

畑もプランターも、苗は温床で育てて露地定植。


露地栽培でキュウリを収穫のご紹介です。簡単に収穫して夏の食卓にキュウリをのせることが出来ますよ。キュウリの旬は言わずと知れた夏ですよね。しかし、種まきは春3月です。寒い時季に温床で苗を育てしっかりとした苗を定植しました。

キュウリの栽培の方法は苗を買って来る方法と種を撒いて発芽させ苗を作る方法のふたつがあります。畑でもプランターでも楽しめるキュウリ栽培をご紹介します。

私は、毎年種を撒いて苗を作り露地キュウリを栽培します。キュウリの苗を購入して行うことも可能ですが、種から芽が出る瞬間の喜びはひとしおです。私は発芽する瞬間が楽しみたくて毎年種からキュウリを育てています。

今年も張り切って春に種まきをしました。今年が例年と違うところは3月の半ばに種を撒いて自作の温床を使い早めに発芽させたことです。早めに発芽させることで苗の生長を早くして梅雨に入る前に定植したかったのです。

今年初めての試みですがキュウリもトマト、ピーマンを自分で作った温床で発芽させてみました。温床と言っても暖房器具を使うのではなく徐々に強くなる日差しを使い大きめのプランターに使い古しの培養土を入れて100円ショップの透明なビニール製のテーブルクロスをしっかり掛けたものです。

園芸用の支柱を組んでビニールのテーブルクロスを掛けてしっかり洗濯バサミで下の部分を密封するだけです。

陽当たりの良い場所におけば温かい空気と適度な湿度で、発芽が促進されるのです。一週間くらいでキュウリは発芽します。意外な速さに驚きました。私もこの方法は初めてなので気がつくことが多くありました。

この温床は、普段は冬にリーフレタスを作っている温床です。この温床があれば冬にいつでも摘みたてのリーフレタスを食べることが出来ます。

陽があたり温かいので冬でも新鮮な葉物野菜が食べられるのです。その温床を春に使いキュウリやトマト、ピーマンの種を発芽させたのです。

温床の良いところは頻繁に水やりをしなくても大丈夫なことです。また、春から活躍する害虫から発芽したばかりの新芽を守ることが出来ることです。

暖かくなると、いち早く出てくるのがナメクジの類です。このナメクジカタツムリを寄せ付けないので温床を使うと楽に発芽させて、ある程度の大きさまで育てることが出来ます。

また、今年のように春が行ったり来たりし寒暖差が大きい年は、急激な寒さで小さな苗は枯れることがあります。この温床で育てていれば、急激に気温が下がり寒風が吹いても大丈夫なのです。

毎年栽培することでどんどんスキルアップできます

今年の課題は昨年の反省を踏まえ早めの種まきと畑の土作りの着手です。昨年は花粉症が持病の気管支喘息を悪化させて息苦しく作業が出来ませんでした。

今年は、新薬を使い気管支喘息の症状がほぼ治まっています。なので早いうちから苗作りと畑の準備に着手出来ました。

花粉症の鼻水の症状があるものの農作業に支障なく動くことが出来ました。しかし、ティッシュがないと辛い状態でした。

気管支喘息の新薬にご興味がある方はこちらへ

種まきや畑の準備の時季に野外作業が出来ないのは本当に困りますよね。花粉症はイヤです。毎年早めにしっかり農作業が出来るようにしたいものです。

苗を温床で育て暖かくなってから露地に出す

キュウリの苗は、二葉が出て本葉が4枚~5枚くらいに生長したら温床から出します。外気温もだいぶ暖かくなりました。若干寒暖差がありますが問題はなさそうです。

ただし、空気の乾燥が気になります。注意しながら温床から出すことにしました。写真はトマトの苗と一緒に写っています。丸い葉がキュウリの苗です。

温床からキュウリの苗を出したのは、5月の初旬になります。約60日ほど入っていた温床からキュウリの苗がおもてに出ます。しっかりしているしかなり良い出来ですので大丈夫でしょう。

しっかりしているとは言え植物は環境の変化に敏感なので注意して温床から出しましょう。一旦、直接外気に触れないように要らない水槽に入れて様子を見ました。

温床から出し乾燥を防ぎながら外気に慣らす

この水槽はリサイクルショップで安く購入しました。ただし、水を入れると漏れ出ます。既に水槽ではないですが園芸に役立ちます。ちょっとしたアイディアで園芸作業が楽しくなります。

普通にやってもなかなか旨く行かないとついついイヤになりますが、そのダメな状況を分析することで来年はもっと美味しいキュウリが沢山収穫が出来ると思いますよ。

キュウリの苗に肥料をあげて暫くポットのまま露地栽培をします。まず、もう少し大きくなるまでこのまま育てます。小さな花芽が着き始めたら定植の合図です。合図が出たら畑やプランターに植えましょう。

通常買って来た苗は、温室で育てて出荷されるので露地栽培で発芽させるより早く生長します。でも、寒暖差が大きい年は買ってから枯れてしまうこともあるので要注意です。

キュウリの接ぎ木苗のメリット

園芸店で売っているキュウリの苗は、安いものは種からのままです。中には接ぎ木苗と言ってカボチャなどの台木にキュウリの苗を接ぎ木した苗があります。

接ぎ木苗を使うメリットは、病気や害虫に強くなることと連作障害がなく沢山収穫が出来るところにあります。

この接ぎ木苗のデメリットは普通の苗より高価と言うことです。畑が狭く植え場所を変えられないなどの問題がある場合は利用すると良いでしょう。

この接ぎ木苗は自作も出来るのですが失敗すると出遅れてしまうので初心者の方には購入することをおすすめします。

しっかり苗が育つまで畑を耕す

その間に畑を準備しましょう。既に耕して苦土石灰を撒いてある畑ですが、一緒に育てるトマトの畑も準備中です。トマトの畑は、今年はぎりぎりまで土づくりをしています。

昨年出遅れてまったくダメでした。今年は腐葉土を八割入れて鶏糞で肥やした新しい土を作りました。キュウリとトマトどちらかと言うと土作りはトマトの方が手がかかります。

プランター栽培であれば大きめのプランターとたっぷりの培養土そして元肥の化成肥料を用意しましょう。

畑の方は、土に苦土石灰を二回に分けて入れています。また、元肥として化成肥料完熟の鶏糞を使いました。鶏糞が効力を発揮するのは30日後くらいです。

キュウリの畑の準備

土に元肥を入れたらしっかり混ぜて耕します。結構な力仕事なので毎回筋肉痛になり大変です。無理をしないように行いましょう。春や冬の作業はあまり気温が上がりません。しかし、畑の土を耕す作業は意外と体力を使いますし涼しくても汗をかくので水分補給をしながら行いましょう。

私も結構疲れて良い運動になりました。しっかり耕してキュウリ栽培を成功させましょう。

畑以外の栽培には大きめの鉢やプランターを用意

キュウリは出来れば畑で栽培した方が沢山収穫出来ます。しかし、畑がない場合はプランターで栽培することも可能です。プランター栽培の場合は必ず大きめの野菜用のプランターを用意しましょう。また、鉢を使う場合は10号以上で深い鉢を用意します。

どちらの場合も培養土をたっぷり入れて苗を植えます。培養土は高価なものは必要ありません。ただし使い回しの培養土ではなく新しいものを買ってください。はじめに入れるものは培養土とあれば腐葉土です。

元肥は培養土に入っていることが多いですので培養土の説明書をよく読んで肥料を追加するなりします。肥料を追加する場合は化成肥料で良いです。ベランダで栽培する場合は出来るだけ化成肥料を使うことをおすすめします。

天然素材の肥料の完熟の油カス鶏糞牛糞堆肥などは、完熟しているものの多少の臭いがあります。またコバエなどが飛来することもあるので避けた方が良いです。

培養土の用意が出来たら苗の根鉢を壊さないように逆さまにして取り出し植え穴に植えるだけです。ポット苗の状態で既に蔓が出ていると思います。出来るだけ早めに仮の支柱を立てておくと強風で倒れる心配がありません。

また、プランター栽培の場合は水涸れに注意が必要です。毎日夕方か朝にたっぷりと水をあげましょう。その時、葉に水がかからないように注意しましょう。

梅雨の前は意外と気温が高くなります。水が直ぐに涸れるので時間を決めてしっかりと水をあげましょう。ご存じの通りキュウリはほとんど水分です。水がないとキュウリの実が曲がってしまいます。

私は、ほとんど畑でキュウリを栽培します

我が家の畑は今年で10年目くらいになります。毎年毎年いろいろな作物を作ってきました。一番多いのがキュウリだと思います。夏に行うキュウリ栽培ではビニール黒マルチをすれば雑草除けになります。

また、雨が降った場合に葉の裏に泥が跳ねないので病気の予防にもなります。一番の目的は、土を空気から遮断して土の中の水分を維持することです。

また、夏になると現れるコガネムシの成虫が産卵するのを防ぐことが出来ます。畑の場合は必ず黒のビニールマルチを使用しましょう。100円ショップで購入できます。購入する際は穴が空いていない物を選びます。穴のない黒いマルチシートが良いです。

マルチシートを使えば大きくなったキュウリには水やりはほぼ不要です。異常気象の場合は別ですが、たまに雨が降ると言う環境ならほとんど水はあげなくても大丈夫です。土地柄土壌環境にもよりますので土を良く観察して工夫しましょう。

畑では、さまざまな植物を育てることが可能

キュウリ以外でもメロン小玉スイカも栽培が出来ます。あまり甘く出来なくても果物はワクワクします。ただしスイカなどは土の中の養分を沢山使うので連作は避けなければなりません。

夏野菜のキュウリであればしっかり耕せば毎年でも収穫が可能です。出来るだけ新しい腐葉土を入れたり油カスや鶏糞、牛糞堆肥などを畑に入れて土を肥やしましょう。

キュウリは安定的に沢山収穫できる栽培コストが掛からない経済的な野菜です。朝収穫して直ぐに食べることが出来るのは家庭菜園の特権です。また味も非常に良く夏の食卓が楽しくなると思います。

家で栽培したキュウリは新鮮なので買って来たキュウリにはない味わいがあります。八百屋さんで買うキュウリは最低でも3日経っています。かなり時間差がありますよね。一品でも美味しいおかずが増えるのは嬉しいですよね。夏バテ熱中症にも良い野菜です。

追肥などは葉の色艶などを見ながらしましょう

キュウリにはあまり肥料は要らないと思いますが、葉の様子を見ながら液肥や追肥をしましょう。まず、初収穫した後にどんどん大きくなるのでネットの準備をしながら様子を見ましょう。

肥料のやり過ぎは植物にとって返ってよくない場合もあるので緩行性の化成肥料が簡単で良いと思います。私はマグアンプkを使っています。

今回は、種まきから苗作り定植そして初収穫までの記事を書いています。同時進行で畑ではキュウリが育っています。

未だ小さい状態ですが既に雌花が咲き蔓がでてキュウリの匂いがします。黄色い花が可愛いですよ。

6月の初旬には初収穫をしました

定植から二週間くらいでかなり大きくなります。気がつくと葉に隠れて小さなキュウリが成っていました。キュウリの苗自体は未だ小さいですがまず苗を育てるために既に成っている小さいキュウリを収穫してしまいました。

今年の初収穫です。梅雨が本格的になる頃には苗も育ち沢山のキュウリが成ります。小さいものは間引き先に食べちゃいましょう。

雌花と雄花が咲けば何もしなくてもキュウリは結実します。他のウリ科の植物とくらべてキュウリは受粉がしやすいです。人工授粉などの心配もほとんどなくほったらかしで実が成ります。

暑い時季なので水やりも人工授粉もせずに収穫出来るのは嬉しいです。特に水不足であったりすると花や植物にあげる水の確保も考えないとなりません。雨水を溜める大きい容器なども用意してありますが雨自体が降らないと水を溜めることも出来ません。

キュウリの害虫について

最後になりましたが植え付け直後に出現する害虫は「ウリハムシ」です。ウリハムシとは名前の通りウリの葉や花を食害する甲虫です。色はオレンジ色で羽根があり飛びます。キュウリを植えるとどこからかやって来ます。かなり手強いですが家庭菜園なので農薬は使用したくないですよね。

みつけて捕殺するしかなく一匹ずつ捕殺します。キュウリの葉についてやわらかい葉を食い荒らし昼間は飛んで逃げて行きます。

そして人がいなくなるとまた来ます。兎に角一旦来るとかなりしつこいのです。

ウリハムシは夕方になると動きが鈍くなるのでペットボトルなどに水を入れて一匹ずつ捕殺する方法が楽です。触ると葉からコロンと落ちるのでその習性を利用して水の入ったバケツやペットボトルに落とし入れるのです。

バケツだと逃げやすいので洗剤やオルトランを少し混ぜておくと良いです。虫はイヤですよね。

でもウリハムシを放置するとどんどん食害されて小さな花芽や実も食い荒らすので要注意です。また、枯れてしまった葉を放置するとナメクジカタツムリがやってきて花芽を食害します。

上の写真は、現在のキュウリたちです。かなり大きく育ちました。梅雨入りして気温が下がり動きが鈍いです。ネットも設置していよいよ本格的な収穫シーズンが始まりました。

キュウリの葉が茶色く枯れた場合は直ぐに掃除をして枯れ葉を残さないようにしましょう。このまま梅雨明けまでどんどんキュウリの苗は、生長を続け雨が多くなると立派なキュウリが沢山成ります。

成ったキュウリは出来るだけ朝の早い時間に収穫しておくことをおすすめします。直ぐに大きくなるのでちょっと早いかなくらいで収穫した方が美味しいです。キュウリは一日で一気に巨大化します。

葉っぱに隠れているものを見逃さないように収穫をしましょう。いかがですか?あなたも旬のキュウリを露地栽培してみませんか?本当に美味しいですよ。

また、今回ご紹介した温床栽培もいろいろな工夫でさまざまな野菜を無農薬で栽培出来ます。冬でも、虫に喰われやすい葉物野菜も簡単に虫に喰われずに栽培が可能です。

ぜひ、あなたのアイディアで工夫してみてください。今回も長文をお読み頂きましてありがとうございます。♡香


この記事には関連記事をあわせてお読みください

実に発芽を狙うショウガ栽培3つの秘訣・プランターで大収穫する方法

プランターにショウガを植えるだけ カンタンに発芽するショウガ植え付けの秘訣をご紹介。 家のプランターでショウガ …

続きを読む


家庭菜園6月のキュウリ栽培② kaori の「秘密の花園」

キュウリ栽培定植。その後 6月も終わり。あっという間にキュウリが成り始めました。

家々に囲まれた、細長い庭は、私だけの秘密の花園。

東京の片隅で kaori が書く 耕す生活・家庭菜園日記。


2016家庭菜園・キュウリ栽培、開花・結実

4月に種を撒いて苗を作ったキュウリの苗梅雨入り直後定植しました。この時点でかなり出遅れています。定植した後のキュウリの苗のその後をご報告します。

梅雨入りし沢山雨が降って直後に非常に陽射しが強くなる日が繰り返しありました。降っては晴れて暑くなる。陽射しが強い日が続きました。

何となくここ数年同じようなお天気です。雨の後の強い陽射しは、定植したばかりのキュウリには過酷すぎるのです。雑草除けの黒いビニールマルチをしている関係もありかなり土の中の温度が上昇します。

2015年は、梅雨の前に定植後、猛暑で全部の苗が枯れました。ここ数年かなり苦戦しています。以前は定植後に苗が枯れると言ったトラブルはありませんでした。

ここ数年、寒暖差が激しい気がします。また、梅雨時でも一旦晴れると陽射しが非常に強い気がします。地球温暖化の影響が出ているのでしょうか。

梅雨の晴間の強い陽射しでも生き残った苗

今年は、遅れての定植ではありますが、苗自体は生き残りました。徐々に生長していくと思います。しかし苗は若干弱々しいです。

ちゃんと根付いたので少し安心しました。ネットも装着を終えました。いろいろ考えて今年は乾燥にも暑さにも負けない強い畝づくりを試してみました。

しかし、4本の苗のうち3本の苗の親蔓が枯れてしまいました。多分種まきの時期が遅れたのが原因だと思います。先だけが枯れ親蔓を失いました。苗の先はやはり弱いのだと思います。

本来は、主に伸びる親蔓から脇芽が出て広がって行くのです。しかし、親蔓が枯れてしまうと脇芽が旨く出るか微妙です。運を天に任せ脇芽が出るのを待つしかありません。

でも、あまり気にしなくても、キュウリは、食べ切れないほど成るはずなので大丈夫でしょう。かなり能天気な性格です。多分売るほど成るに違いありません。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0209

ネットを付けて数日でしっかりネットにしがみつきました。親蔓が枯れた苗も元気です。ひとつ前の写真より全然育ちが良くなっています。こうして写真を見ると生長の早さを感じます。

3日くらいしか経っていません。色々問題はありますがあまり神経質にならないように趣味の家庭菜園なのでストレスフリーで行きましょう。

キュウリにも、色々な種類があるをご存知ですか?

漬物に良い四葉キュウリ(すうようきゅうり)は病気に強い耐病性のあるキュウリです。原産国は中国です。八百屋さんではなかなか目にしない四葉キュウリ漬物に適しています。

「キュウリのキューちゃん」のキュウリあれが同じ種類です。四葉キュウリだと思います。ボツボツが大きいキュウリなのです。

ぬか漬けにすると、とても美味しいキュウリです。実がシャキシャキしているので、お味噌で食べても美味しいです。ここ数年四葉キウリを育ててきましたが、今年植えたのは「強健夏秋キュウリ」です。凄い名前ですよね。

植物の病気にはカビの一種で「うどんこ病」があります。キュウリはうどんこ病に罹りやすい弱点があります。ウリ科の植物はうどんこ病に弱くキュウリも例外なく葉が白くカビてしまううどんこ病への対策が必要です。勿論、カボチャやズッキーニなどもうどんこ病になりやすいのです。

対策としては、うどんこ病にかかりにくい種を使うことが第一選択となります。せっかく栽培してもうどんこ病で農薬を使うのがイヤですよね。どんこ病に罹りにくい種類を選び「強健夏秋キュウリ」を植えることにしました。

以前、栽培した「四葉キュウリ」も今年の強健夏秋キュウリもうどんこ病に罹りにくい種類のキュウリです。

特に強健夏秋キュウリはうどん粉病抵抗種なので安心です。せっかく育てて病気に罹ってしまうのは残念ですよね。種を選ぶ時に説明や、袋の表書きをよく読みましょう。

この強健夏秋キュウリは「株式会社アタリヤ農園」の商品です。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0213

良い種を選び、しっかり保存。残りは次の年

この種は、実は一昨年の残りです。かなり古い種です。でも、沢山しっかり芽が出ます。無駄がないので残った種は口をしっかり締めてお菓子の缶に保存します。

キュウリだけでなく、トマトも昨年買った種です。庭が狭いので沢山植える場所がないのです。

でも、何年も発芽してくれます。ある意味種は命のタイムカプセルのように感じます。無駄なく栽培が出来ます。それに家庭菜園なのでお金は賭けたくないですよね。

残った種は、しっかり口をクリップなどで止めて乾燥剤と一緒にお菓子の缶などに保存しましょう。


話しが飛びますが、トマトの脇芽をみつけたので脇芽かきと言って脇芽を切り取る作業をしました。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0206

この日に行ったトマトの脇芽かきの写真も載せます。太い茎と葉っぱの間に出ている芽が脇芽で、これを切り取ります。そうしないとジャングルのように枝ばかりが伸びてトマトが大きくなりません。


定植から、一週間でキュウリを一本収獲

梅雨で雨が降るので小さい苗に普通のキュウリが成っている不思議な光景でした。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0201

栽培のはじめは支柱でキュウリを仮に固定しておきます。でも、どんどん大きくなることは確実なのでまず縦のネットを張ります。徐々に上にもネットを設置します。

基本的に真夏の作業は夕方からしか出来ずあまり沢山のことが出来ません。でも暑い時間におもてに出て作業をするのは危険なので避けましょう。

熱中症になって、誰にも見えない秘密の花園で倒れてしまったら、誰も気が付きません。死あるのみです。

炎天下での作業は、ある意味自殺行為なので涼しい時間帯だけにします。勿論、朝早くやっても良いと思います。

農作業の時は、必ず時間を決めて休憩と水分補給をしましょう。私は朝寝坊なので朝は無理です。

特に梅雨の時季は朝が辛くなかなか起きられないのです。歳を取ると寝ていられなくなると言いますがそこだけは若いままです。かなり沢山何時間でも寝られます。若いのか?違います。

早起きは三文の得と言われますので早起きになりたいです。そのうち暑くて寝ていられなくなりますね。

キュウリの栽培は、8回くらいやっています

キュウリ以外では、小玉スイカやマスクメロンが成りました。どちらも、食べた種から発芽させて収獲しました。

小玉スイカは、意外と美味しくできました。マスクメロンは、やはり温室がないと無理で熟すまで茎が老化して旨く行きませんでした。食べたら硬くて甘くありませんでした。やはりメロンはお高いだけありますね。

今思うと小玉スイカの栽培はとても面白かったです。雌花が咲いて人工授粉して結実を促すのです。

しかし、思ってもみなかった場所に実がついていました。多分ミツバチが受粉をしてくれたのだと思います。

実が成っても成らなくても非常に良い経験

種は、食べたものの種なのでタダです。目的は土を耕し土の出来具合をみるための栽培なのです。成った実はおまけ的な感じです。

しかし、最近は欲が深くなって確実に収獲を狙っています。人間、歳を取ると強欲になるものらしいです。

ここに引っ越して来て10年目の今年は、トマトとキュウリを栽培しています。そして、ゴールドキウイフルーツもふたつ成っているので秋まで楽しめそうです。

因に、今年のトマトは昨年の残り種でキュウリは一昨年の残りです。キウイフルーツは、2年前に苗を購入しました。

苗を買う時点で非常に挑戦的な気持ちになりました。昨年は花は咲きましたが、実は成りませんでした。

でも、今年はも見ることが出来て嬉しい限りです。後は、量を増やせるように来年に向けて世話をしたいと思います。

家庭菜園のキュウリの良い部分は?

朝、収獲した新鮮なキュウリをいつでも食べられることにつきます。季節柄安い野菜ですが無農薬で育てる楽しみがあります。

毎日野菜(キュウリ)を食べる習慣が出来ます。キュウリの苗が、茎を伝い命を注いだ実をすぐに頂くことができます。

食べた時に感じる生命力は、買ったキュウリの比ではありません。

私は、子供の頃キュウリが苦手で食べられませんでした。今では、キュウリは夏野菜代表になりました。キュウリが凄く好きになりました。

下の写真は、茎が割れる茎割れ病のようです。でも、多分大丈夫でしょう。意外とキュウリは強いです。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0205

近所のおじいちゃんが、飼っているワンコも好物

犬種は、パグなのですが野菜を食べないと嘆いていました。でも、私のキュウリは食べます。ワンコにも美味しい無農薬のキュウリはわかるのかな?

以前、ドラマ「結婚出来ない男」で、阿部寛さんが隣の家のパグにキュウリをあげていたので真似をしてみました。

 of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0211

私のキュウリは、喜んで食べてくれました〜。私が育てたイチゴも食べます。動物は正直なのか?買ってきたキュウリは食べないそうです。

友人も美味しいと言ってくれます。梅雨が明ける頃にはキュウリのジャングルになりそうです。

収穫は、多い日で10本以上出来てしまうので配って歩くのが大変です。一人では食べ切れません。

今年は、既に水不足と言われています

裏庭でもイチゴを育てています。玄関ポーチとは、育ち方や開花時期が異なります。花が咲き終わって青い実が着いていました。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0207

プランターでの野菜栽培は、ショウガとサトイモだけなので水やりはあまり心配ありません。

ショウガは猛暑の方が良いので楽しみです。畑への水やりは、ほとんどしません。ゼロメートル地帯なので地下から水が上がってきます。深く掘り下げて作った畑は、地下から水で水やりが不要です。

また、今年はキュウリ畑にブロックを入れ畝を囲いました。これまではビニールマルチだけでした。ブロックで夏の強い陽射しから畝を守る壁をつくりました。

少しでも水分蒸発を防ぎ土の温度を上げないように工夫しました。キュウリの根を高温から守るために工夫をしました。やはり段々暑くなっている気がします。

旨く畑を作れば、水やりをしなくて済みます。夏に水やり無しで栽培が出来るのは助かります。

予報は、猛暑。我が家は、東京の海沿い

海に近いので都心よりは暑さが凌げます。しかし何故か雨雲が除けて通ります。雷雨も通り一本こっちに来ません。猛暑日は出来れば雨が降れば良いのですが不思議です。

海まで10キロくらいの距離。夜には、海からの風が吹きます。そして夢の国TDLの花火の音が聞こえます。近いけど遠い夢の国。物価が高い夢の国なのです。

近過ぎて行く気になれない夢の国?キュウリを食べながら夢の国の花火の音をタダで聞きます。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0212

練馬など、内陸の東京とは暑さが違います

風は、熱風。地面から沸き上がる蒸気?熱気?叔母が埼玉に近い、練馬区に住んで居ます。

たまに出掛けますが凄く蒸し暑いです。空気が重たく暑苦しいです。帰り道は池袋から新宿まで戻るとやっと空気が変わります。都心は空気が悪いので嫌いです。

東京の片隅で楽しむ家庭菜園は、贅沢の極み

キュウリ栽培の方は、まぁ、順調とは言いがたいですが何とか根が張り生長を始めました。暑いとか色々文句を言っていますが畑は、家の裏庭なのでちょっと出れば済みます。

二階の窓からもキュウリが見えます。遠くまで行く必要もなく家に戻れば冷たいものも飲むことが出来ます。贅沢の極みです。

東京で、このようなことをやっています。あまり出来ることではないと感じています。ある意味贅沢です。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0210

でも、人生ひとつくらいやりたいことや欲しいものを手に入れても罰は当たらないって考えています。楽しんで生きることはとても大切です。

楽しい家庭菜園でもガーデニングでも、好きなことを好きなように出来ることに感謝したいですよね。

今年もキュウリを沢山成らしキュウリ大臣になっちゃいましょうかねぇ〜。

皆様の健康な毎日をお祈りいたします。

長文をお読みいただきまして、ありがとうございます。 ♡香


家庭菜園6月のキュウリ栽培① kaori の「秘密の花園」

この「秘密の花園」を見る事が出来るのは、このページに来てくださった貴方と私と、野良ネコだけ。

家々に囲まれた、細長い庭は、私だけの秘密の花園。

東京の片隅で kaori が書く 耕す生活・家庭菜園日記。


庭を得た経緯は、また後日。

この庭と家を手に入れる為に、さまざまな困難を乗越えました。

土地争奪奮戦記が、出来ましたらお読みください。


2016家庭菜園・キュウリ栽培開始

今年も出遅れて家庭菜園キュウリの栽培を始めます。

キュウリの苗は、4月上旬にから発芽させたものです。

毎年。出遅れます。種まきや畑の準備

種を播くくらい、すぐ出来そうで出来ない。

実は、酷い花粉症なのです。

スギとヒノキを何とかして欲しい〜。

庭は、10年目になりました

家庭菜園でのキュウリ栽培をずっと続けています。

はじめてキュウリの栽培をしたのは、10年前です。

新築して、引っ越ししてきた、最初の夏。

そのときは、苗を購入して栽培しました。

畑は、未だ無くて植木鉢でした。

地面もカチカチの粘度質で石ころだらけ。家庭菜園?って感じ。

何も育たないのではないかと思うほどでした。

しかし、毎年大量の落ち葉腐葉土を作り粘度を砕き、かきまぜて徐々に畑らしくなってきました。

はじめの頃は、穴掘りしているだけみたいな感じでした。

昨年の反省を込め、今年は、猛暑に対応した畝の乾燥を防ぐ工夫を施しました。

今年の夏はどんな夏になるのかな?

昨年、梅雨入り直後の猛暑で、苗が枯れてしまいました。

今年は、暑さ対策と水涸れ対策をしてみました。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0103

慌てて種を播いたキュウリの苗もだいぶ大きく元気です。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0104

耕して元肥を入れた畑にマルチ。穴を開けて植えて行きます。元肥は、化成肥料。ハイポネックスのマグアンプkです。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0107

ポットから出すと根がまわって、根鉢が出来ています。

実は、このポットに3株のキュウリの苗が、出来ています。

株をハサミで切って分解。本当は一本が良いです。邪道です。

出遅れて梅雨入りしているので、定植後にすぐ雨が降り始めひと安心。元気がよいのでどんどん大きくなると思います。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0105

こんな感じで定植が出来ました。植え穴に水を入れてしっかりと植えます。また、小さいので毎日水をあげて、様子をみましょう。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0106

上から見た感じ4本植えました。近いうちにネットを付けます。

家庭菜園の他に、さまざまな花もご紹介して行きたいと思います。

楽しんでお読みいただければと思います。

今日やっとキュウリの苗の定植作業を終えました。

そして、里芋も植えてみました。芽が出ちゃいました。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0111

芽が出た里芋も大きな鉢に植えました。

すでに梅雨。怠いし、なんだか目が覚めなくて寝坊。

50代になってからというもの何となく体調が優れないのは更年期障害?なのかな。体を動かして体力を付けたいです。

とにかく梅雨は嫌いなのです。

少しずつ、キュウリの栽培をレポートしていきたいと思います。

今日は、苗の定植だけです。

はじめてなので、私の庭をご紹介していきたいと思います。

食べられるものばかりです。

家を建てたのが10年前。その時、手に入れた土地です。

私の家の土地は、この土地 = 庭があったお陰で、私が買う事ができました。

なのでだいじに土を耕し、土づくりをしてきました。

土づくりは、ほとんどが、近くの公園で冬に貰ってきた、枯れ葉。葉っぱは、あまり気にしないでいろいろなモノを持ってきました。なかなか、腐葉土になりにくい葉っぱもありますが、選り好みをするほど、落ち葉もありません。

東京は、そのあたりが残念な場所です。腐葉土の発酵には、米ぬかを使っていましたが、途中から油かすに変更しました。

油かすの方が、発酵が早く熱が出やすい気がします。

キュウリの定植場所は、特等席

今回は、先日耕して元肥も苦土石灰も漉き込んだブロックで囲った菜園に植えました。この場所は、一番陽当たりが良い場所です。

特等席にキュウリの苗を植えました。

家庭菜園では、キュウリと、トマト、ナスなどが、盛んに行われますが、何故かこの秘密の花園では、ナスが育ちません。不思議。

さまざまな植物の不思議も体験しました。

今後、改めてご紹介します。

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0109

この写真はキウイフルーツの花(2016年5月)

このサイトをお気に入りにチェックしてくださいね。

日陰の庭で行う家庭菜園のコツは?

家が建て込んでいるので、なかなか陽が当たらないのです。

夏至を過ぎると徐々に陽射しが、減ってしまうので冬はニンニク栽培だけになります。

しかし、ずっと植えてあるキウイフルーツや、バラ、アスパラガスなど、しっかり冬を越します。

建込んでいるので、風があまり抜けないのです。

良い場合もあれば、悪い場合もあります。

水やりゼロで育てる野菜とフルーツ

土地柄、夏もほとんど水を撒かずに栽培が出来ます。エコ?って感じでしょうか。家庭菜園はお財布に優しくしたいですよね」。

東京のゼロメートル地帯なので、2メートルくらい掘ると、水が涌き出します。

粘土質の下は、砂。その下は、また粘度。液状化しそうな感じです。

空気に触れない粘度は、青黒い色をして、油のような川のような臭いニオイがしました。多分、メタンガスが溜まっているのかも?

畑の部分は、全部2メートル以上掘り起こして腐葉土を入れています。土を全部直しました。

石ころや、ゴミ、ガラスの破片。そして、何故か靴?

いろいろなモノが出てくる。10円玉が2個?

20円ご褒美を貰いました。お掃除したから、神様がくださったのかと思います。

10坪を2メートル掘るのは、結構、骨が折れました。

スコップは、二本目。木製のスコップは一年持ちませんでした。仕方なく、鉄のスコップにしました。鉄のスコップは、私には大きいし、重たいのです。ちびっこなので振り回されています。

鍬も壊れてお休み中。早く直さないと。とにかく粘度質の土は、堅い。重いのです。道具がすぐに壊れるのです。

ご想像ください。スコップが折れる土。カチカチ。

今日は、嬉しい事が、またひとつありました

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0102

団地に住んでいた頃に、亡き母が、何方かにいただいた月下美人?が咲いていました。

引っ越して来てはじめての開花

引っ越して、持って来た時に、徐々に元気が無くなり小さい鉢に生き残っていました。

あまり雨の当たらない乾いた場所に移して3年以上たちました。

今日開花していました。

母は、だいじにしていましたが、開花を見ずに亡くなりました。母が亡くなったあと、団地のベランダで、毎年、花が咲くようになりました。なんてことって思いました。見たかっただろうと。

母が可愛がっていたので、私が水をあげたり、世話をしてきました。新しい家が10年目になって、再び花を咲かせる。

なにか不思議な気持ちがします。嬉しいです。

今年最大の楽しみは、キウイフルーツ

of-the-home-gardenkaori-secret-garden-june-of-cucumber-cultivation-0101

昨年も開花しましたが、実は成らず、今年は2個だけが着いています。

収獲は11月らしいですが、徐々に大きくなっています。凄く大きくなるか、途中で破裂するか?心配。

以前、小玉スイカを栽培して破裂した経験が頭をよぎりました。ウマく収獲出来るといいなぁ〜。

これも順次記事にしていきたいと思います。

家庭菜園 kaori の秘密の花園をおたのしみに。

次はトマトの定植です。kaori の園芸は、奥が深いですよ〜!

皆様のご健康をお祈りいたします。

長文をお読みいただきまして、ありがとうございます。♡香