Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

40代・頸椎4・5番ヘルニア。肩の激痛。2つの神経節ブッロク注射

四十肩だと思っていたら実は?

ルーズショルダー? 頸椎ヘルニアだった?!


先日、肩の痛み、ルーズショルダーの記事を書かせていただきました。ルーズショルダーは、治ったかに思えました。しかし、たった2週間で、再発?再度、左肩に激痛が走り、今度は止まらない凄い痛みにおそわれました。

とにかく痛くて痛くて、何も出来ない状況に陥りました。家の近くの整形外科の先生曰く、頸椎ヘルニアかもしれない?その痛み方は、頸椎ヘルニアの神経の痛みであろうと結論づけられました。

スポンサーリンク

なので「ここでは、何もしてあげられない」その痛みを取るには、神経ブロックの注射しかない?頸椎ヘルニアとは?

「ペインクリニックに紹介する」って?いったいなに?まったく意味がわからない状況にパニック状態です。

ヘルニア?ペインクリニックってなに?

神経ブロックと言う注射を麻酔科ペインクリニックで処置して頂くしか方法がはないと言うことでした。既に、市中の整形外科で対処できる状態ではなかったのです。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection05

要は首が悪いから、大きな病院を紹介すると言われました。大きいとは、MRIやCTのある病院のことです。私の暮らす区内には、大病院は、あるにはありますが、なんと交通手段がほぼないのです。非常に遠いのです。

家の近くの大きい「だけ」の病院に、紹介すると言われました。痛みで真っ青な私に看護師さんが、ここは?こっちは?と聞いてきました。しかし、自宅近くに、信頼できる医療機関はありません。

こんな田舎の病院に、大事な首は任せられな〜い。

絶対、大学病院にして欲しいと懇願しました。だって、近所の病院へ行くより、電車に飛び乗った方が、良い病院が沢山あるからです。歩いて20分なら、電車で20分で、首都圏の大学病院に行くことが出来ます。

右往左往の挙句、お茶の水の順天堂医院に行くことになりました。やっと異常な激痛から、解放されるのかと思うだけで、少しラクになった気がしました。最寄り駅から20分で到着です。乗り換えもなく楽チンです。

紹介状を貰い直ぐに順天堂へ

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection08

まず、整形外科で診察と検査を受けました。やはり、頸椎ヘルニアらしいということです。ヘルニアっていったいどうなるのか?直ぐにMRIを撮影することになりました。でも、院内のMRIは、予約でいっぱいなのです。お茶の水の駅の近くの検査センターで、MRIを撮影することになりました。

スポンサーリンク

首のMRIです。やはり首のヘルニア。頸椎ヘルニアの疑いです。何となくゴージャスな検査専門のセンターに紹介されました。MRIを撮影するのですが、何故かそこでも診察をするのです。先生がいて診察らしきことをして、はい撮影みたいな流れです。

よくよく考えると、初診料二回払った計算です。仕方ないとは言えお金が掛かりますし巧妙な感じがしました。

レントゲンは、大学病院の院内で撮影して整形外科に戻り、予約を取っておしまい。次は2週間後~????遠い、あまりに遠い道のり。痛いし〜

ちょっと、おかしくなりそうな痛さなのに未だ待たせるのか?神経の痛みなので響くのです。息をしても動いても痛〜い〜。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection01

一応、ロキソニンと新しい神経痛のお薬をもらいました。

やっと順天堂の整形外科で診察を受ける

痛くなって、既に一ヶ月近く経っていました。そして、順天堂の整形外科が混んでいる。凄く待たされた挙げ句の結果は頸椎のMRIとレントゲンを見て、それから?「頸椎ヘルニアだねぇ~」もう、ここでは、なにも出来ないし手術するほどでもないしね。飲み薬しかないね~って。

おい、ブロック注射は?早くペインクリニックに紹介しろよ!って。暴れ出しそうになりました。痛くて痛くて徐々にやさぐれ状態なのです。もともと神経ブロックをして欲しくて、ここまで来たのです早く紹介してくれよ〜と心の中で叫んでしまいました。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection04

先生に「ペインクリニックに紹介してください」とはっきり、きっぱり言っちゃいました。だって、痛くて我慢出来ないのです。飲み薬は効かないと訴えやっとどうに紹介状を手にペインクリニックへ行くことになりました。

やっと、麻酔科・ペインクリニックに辿り着く

やっと辿り着いたと思ったのに、その日は予約と採血だけ。また、2週間後ですか?注射をする治療をするので感染症がないか確認すると言うのです。

スポンサーリンク

ここまで来たらしかたない。言われた通りにします。感染症のことも、まあ、理解できますので。そして、ここも予約がいっぱいなのです。

診察に行き着くまで、凄く長い時間が経っていました。そして、やっとペインクリニックの主治医の先生とご対面となりました。男の先生で、とても親切でした。主治医の先生と、もう一人、先生が診察してくれました。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection11

私の首のレントゲンを見て、あぁ~ストレートネックだね~。4番と5番が、、、相談してから、首が真っ直ぐだとか?何となく、授業をしながら診察をしている雰囲気?主治医の先生と一緒にいる先生は、勉強に来ているようでした。

ペインクリニックでも診断は、頸椎ヘルニア

頸椎の4番目5番目の間に、ヘルニアがあると診断されました。そして、ストレートネックの状態であると言われました。ストレートネックは、パソコンを使う人に多い症状で、ヘルニアの原因にもなると言うお話しです。頸椎ヘルニアで、肩から腕にかけて痛みが出ているとはっきりしました。

その日は、星状神経節ブロックと言う注射をすることになりました。首には大きい血管があるので誓約書を書きました。先生は、あまり事故はないけれど、一応、決まりだからと誓約書を数枚出して、署名をしました。

そうです!何かあったらいけないので、大学病院にして良かったと思いました。先生が沢山いれば、何かあった場合に、すぐに処置してもらえると言うことです。小さい病院では、専門医の人数が少ないですから大事な判断は、少数の先生に委ねることになります。

万が一と、前置きつきで、説明を受けました。首の血管を傷つけると大量出血になるので、充分な技術が必要なのです。また、気道の近くに注射をするので、危険と言えば危険です。首の左側の喉仏の横のあたりを指で探って、注射をします。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection02

怖いので、目をつぶっていました。注射針が、刺さる痛さ。次に麻酔薬が神経に触る痛さとお薬が広がって行く感じがします。注射の前に、手順を先生に説明をされました。ブロック注射が終わったら反対の手で注射した所を押さえるようにと言われました。

左肩と腕が徐々に痺れ感覚が無くなる

腕がしびれて温かくなる感じがしました。右手で、ブロック注射をした所を押さえて待っていると、暫くして看護師さんが来ます。注射した場所の確認をします。注射した部分からの出血が、なければ手を離します。

左手は、じんじんして痺れています。20分くらい寝ていて時間になると終了です。始めの頃は、週に2~3回通いました。春から始まった激しい痛みは、だいぶ治まっていました。気が付くと季節は、梅雨になっていました。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection14

先生に、次は腕神経叢ブロック注射をすると説明を受けました。

腕神経叢ブロック注射を受ける

だいぶ痛みが、取れていました。でも、やはり肩が痛い。首から肩、腕の中に針金が、通っている感じがするのです。凄いたとえですが、何本も針金が、腕の中にあるような痛さなのです。ブロック注射で徐々に針金が、減って行くような感じでした。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection03

残る痛みを取るために、腕神経叢ブロック注射を受けることになりました。これは、神経の束がある首の所に直接ブロック注射を打って麻酔薬を痛む場所にダイレクトに薬を入れるのです。

基本的には、普通のブロック注射と同じです。しかし、始めの頃は、あまりに痛たがっていた私。先生が、ステロイドをブロック注射に混ぜてくださいました。エコーを使い、神経の束に麻酔を入れるブロック注射です。

ちょっと大掛かり。そして、帰りも大掛かりな状態になってしまうのです。腕神経叢ブロック注射のあとは、腕が麻痺します。ぶらぶらして、腕に意識がない状態です。ぶつけてケガをすると危険なので、腕を三角巾で吊り骨折したような感じで片手が使えません。感覚は、2~3時間で元に戻りますが、生憎の梅雨空、片腕は吊られ、片手に傘を持ち帰宅しました。

一気に良くなる・ブロック注射は凄かった

長かった痛みから解放されました。ブロック注射恐るべし。徐々にでは、ありました。でも、待っていた時間よりも確実に早かったです。現在は、激痛ありません。定期的にしているブロック注射のおかげだと思います。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection07

しかし、ちょっと寒くなると痛みが出ます。指先の痺れや、肩の中の針金のような痛み、首がまわらないなどの症状です。寝くじったような首の痛みもあるので、季節の変わり目は要注意です。痛みや痺れ、コリ感、肩の痛みなどは、頸椎ヘルニアの症状だと先生が判断します。診察後にブロック注射を受けます。

そのたびに、ブロック注射で対処療法

現在も、頸椎ヘルニアは、治ってはいません。しかし、手術をするほど悪くもないので、マシだとは思います。何かのきっかけで凄く痛くなるだけです。

なら、旨く付き合うしかないと考えました。病院にすぐに行けない場合は、暫く、鎮痛剤の湿布で凌いで、そして、ブロック注射をしてもらいに行く生活で上手く凌げています。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection12

ペインクリニックには、既に5年以上通っています。その間に、いろいろなことが、ありました。

大晦日に自転車から落ちて、足に大ケガをした時も、新年早々に予約をしていた、ペインクリニックで診て頂きました。凄いアザの左足のケガ。ケガを見慣れてない先生たちが、大騒ぎになって、みんなが見に来ました。一応、レントゲンを撮ってもらい何事もなくタダの打撲で済みました。

四十肩から始まった肩の痛み

始めは、四十肩と冷やかされ、実はルーズショルダーだった?そして、いきなり痛み出した肩は、ストレートネックと診断されました。尚かつ、頸椎ヘルニアでした。ブロック注射のお世話になり何とか普通に暮らせるようになりました。

スポンサーリンク

最終的に、言えることは肩が痛いのは首が悪い原因は、職業病と言えるでしょう。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection10

長い間、Macintoshでデザインの仕事をして来ました。世の中に、こんなにパソコンが普及する以前からです。体もも悪くなります。も痛いのです。

それでも、今、このように記事を書いていて嫌いじゃない。好きな仕事なのだと思います。しかし、頸椎ヘルニアの痛さは尋常ではないのです。

スポンサーリンク

もし、神経ブロックの注射の治療が、なかったらと思うと恐ろしいです。何事も、程々が良いのかも知れません。

悪い姿勢で、パソコンや、スマートフォンを使っていませんか?ストレートネックの人が、多くなっています。

40s-severe-pain-of-shoulder-and-arm-cervical-vertebrae-4-and-5-no-hernia-starting-block-injection09

この記事をここまでお読み頂いた皆様へ

多分、同じような痛みがあるのかも知れません。きっと、キーワード検索で、辿り着かれたかと思います。治療方法はいろいろあると思います。

症状は、ひとそれぞれで、痛み方も違うでしょう。でも、痛いのは辛いですよね。四十肩からルーズショルダー、ストレートネック、頸椎ヘルニアまで私は経験しました。

私が、最終的に辿り着いた神経ブロックの治療は、さまざまな病気の痛みを取るための治療法です。痛いと感じる神経をリセットして痛みを和らげると言うものです。痛いと、一旦、脳が感じると、それを記憶して、ずっと痛みを引きずります。

悪くないのに痛いと言う状況です。痛みの原因が不明です。なのに痛いのです。そんな症状の方のためブロック注射の治療だと、伺いました。

今は、ブロック注射に辿り着けて良かったと思います。もし、治らなかったらと思うとゾッとします。

あなたに合う治療法が、みつかることをお祈りいたします。

長文を読んで頂きまして、ありがとうございます。 ♡香


スポンサーリンク

この記事には関連記事があります

40代は四十肩。50代は五十肩。原因不明の肩の病名は年で決まる?

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ハッチ より:

    私も頚椎ヘルニア56との診断で痛みとしびれの辛い日々を送っています。広島県内のいろいろな病院を廻りましたが、脊椎脊髄専門医の素晴らしい先生に診てもらい、まだ手術までにはならないとの事で、来月神経ブロック開始です。
    頚椎ヘルニアの痛みはもう4年前から続いていて、飲み薬だけでは治まらない程痛い時もあります。一日も早く仕事復帰出来るよう解放されたい…気分もうつ気味で引きこもりがち、ですが色んな治療があるので試して行きたいです。

  2. 山口 公一 より:

    今日の今、貴女様の文面を読ましていただきました。今現在まったく同じ症状でがまんしております。痛み止めは効かず。、夜は寝返りも打てません。腕をダランとしているとだんだん肩甲骨が痛くなってきます。その時首を少し左、前にすると痛みは和らぎます。MRIの検査を受けたのは10
    10月21日、そして診察が11月7日、早くしてくれよー、こっちは毎日つらいのです。病院に掛け合って明日診察を受け麻酔科へということになると思います。ブロックは腰で何度も経験していますがまだ頚椎ブロックはありません。腰痛よりひどいですね。
    早く和らぎたい…..重いものなんて持たなければ…..

    1. kaori より:

      山口公一様

      私のブログをお読み頂いてありがとうございます。
      大変な時にコメントを書くのも、辛かったのではないでしょうか?
      お天気も不安定で、この時季は特に痛みますね。
      ほんとうに早くしろ〜って叫びたいくらい痛いですよ。わかります。。。(涙)
      首は、腕に伸びる神経が束になっているので頚椎ヘルニアを患うと肩、腕、手の指までしびれます。
      また、手は神経が細かいので腰以上に痛みに敏感になりますよね。
      私も腰にもブロックをしました。幸い腰は、殆ど痛みがなくなりました。
      しかし、首は、なかなかスッキリしません。
      肩も凝るしパソコンを使うので、未だに定期的に星状神経節ブロックをしています。
      首の場合、星状神経節ブロックをして様子をみて、
      腕の痛みが抜けない場合は、腕神経叢ブロックと言うちょっと強めの注射をします。
      腕神経叢ブロックを打つと、腕は2時間だら〜んとしてしまうので三角巾で腕を吊ることになります。
      どちらでも良いので、早くブロックして欲しいですよね。
      私まで興奮しちゃいました(汗)おだいじになさってください。
      また、台風が来ているので、体を冷やさないようにしましょう。
      検査結果が出たらすぐに麻酔科を予約してくださいね。
      隙かさず動かないと待たせられて辛いだけです。
      くれぐれも無理をせず、おだいじにお過ごしください。
      コメントを寄せて頂きまして、ありがとうございます。おだいじに。
      今後とも私のブログ「サンカウント」を宜しくお願いいたします。
      五十嵐香

  3. 永山 寿二 より:

    首の神経は頚椎の何番目かによって痛みの場所が違い、人差し指が痺れてるのに何で「首が悪い?」という感じですね。
    ブロック注射で症状が改善できて良かった例ですね。
    私は10年前に5・6番を手術して、結局指先の痺れ→痛み→感覚麻痺になり、手先が不器用になりました。
    今年の春から肩から顔面側面まで痺れと痛みがあり、星状ブロック・腕神経ブロック・4、5、6番神経根ブロック注射を受けましたが全く効果なくMRIで3番4番の骨が神経根を見事に圧迫しており、モルヒネ系の痛み止めも全く効果なく2回目に手術をしました。入院は2週間で術後は長年悩まされていた肩こりとともに、まったく症状がなくなりました。4・5番の圧迫もありますが現状は症状がでていないため様子見です。医学は日々進んでいて、将来は日帰り手術とかも可能になりそうです。
    決して手術をお勧めするわけではありませんが、一つの手段として検討もありかと思います。また、ペインクリニックの技術?によって分かりませんが、神経根注射というエコー又は造影剤を注入してから圧迫している神経そのものに注射するのもあります。痛いですが腕神経ブロックをされてるとのことですので、大丈夫かと思います。 ※手術後、リハビリではとにかく姿勢を注意されましたので、これが一番効果的かもしれません。
    首の痛みは経験者しか理解できないですね。

    1. kaori より:

      永山寿二様

      この度は、サンカウントにコメントを頂きましてありがとうございます。
      首を二回も手術を受けられたとのこと、壮絶な感じがします。
      兎に角、あの痛みは例えようがないですよね。
      現在は、症状が改善されて何よりです。良かったです。

      私は、幸いペインクリニックでのブロック注射で改善して、
      現在は、二ヶ月に一回くらいの診察と肩のトリガーポイント注射と星状神経節ブロックを受けています。
      梅雨、台風、真冬に腕の怠さやしびれがあります。梅雨と冬は嫌いです。
      あまりに酷いときは、腕神経叢ブロックを予約して受けますが、
      病院の方針が変わり、平日のみとなってしまいました。
      働いていると、痛い時にすぐに対応してもらえないのが困ります。
      普段は、冷やさないように、無理をしないようにと気をつけています。

      手術が、日帰りで出来るって言うのは凄い進歩ですね。
      レーザーとかでするのかな?
      首は神経の集まるところなので、場所によっていろいろな症状が出ると聞きました。
      飲み薬は、殆ど効果がないと言うのは同感です。
      最近、星状神経節ブロックの時にエコーを使うようになりました。
      以前は、先生の感覚でやっていましたが、間違えのないようにということらしく変わりました。

      造影剤も使う神経根ブロックと言うのもあるのですね。
      どんどん進化していますが、最近では、首が悪くなる人が多いです。
      このサイトでも、多くの方にコメントを頂きますが、手術される方が、かなりおられます。
      私も生活や姿勢に気をつけて痛みの再発を防ぎたいと思います。

      貴重なコメントを頂きましてありがとうございます。
      今後も「サンカウント」を宜しくお願いいたします。
      お互いに気をつけて生活しましょう。
      寒さが厳しくなりましたので、おだいじになさってくださいね。

      五十嵐香

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください